おバイクRunデブー

バイクでRunするデブのLog

バイクのご紹介その2 CB1300 Super Bold’or SP (’19) 【後編】

f:id:shigetama0413:20190524233355j:plain

前回からずいぶん間が開いてしまいました。

とりあえずの続きなのですが、5年間乗ってきたCB400SFに比べると、こちらは正直まだネタが少ないです。

足付きの話ばっかりだった前回の愛車紹介で終わらせようかとも思いましたが、前回を前編と銘打ってしまったので、今回は実際に乗ってみた第一印象で無理やり後編を書いてみました。

パワーがスゲェ!

f:id:shigetama0413:20190524233352j:plain

さすがはリッター。
トルクがぶっといです。
CB400でも不自由を感じないくらいの走り方しかしていないので、持て余し気味です。

うっかりアクセルを開けるとぶっ飛びそうです。
追突しそうです。
すっ転びそうです。
最近の大型車には軒並みついてる気がする?トラコンや電子制御的な装備は付いていません。

お店からの帰り道はちょっとビクビクしながらアクセル操作していました。

また、同じワインディングロードを走った場合でも、CB400では3~5速で頻繁にギアチェンジしながら走っていたところを、CB1300なら3速固定で余裕で走れます。

流れの良い幹線道路でも、周囲に流されながら走ってる限り4速以上使うことはありませんね。

(これは小型中型→大型に乗り換えたらどのバイクでも感じる気もしますが)

動きが軽い!

想像していたよりも動作が機敏で軽いです。
CB400と同じ感覚で、スッと倒れてスィーっと曲がってくれます。

あまり「大型バイクに乗ってる!」なんて構える必要はありませんでした。
OHLINSサスペンションのおかげでしょうか?
(上手い人が走ったら、もっと気の利いた感想が出てくるんでしょうね)

そして低域からのトルクでぐいぐい押してくるので、立ち上がりの加速がとても楽しいです。

高速・長距離走行が楽(になりそう?)

よく大型バイクは高速道路や長距離走行が楽だと言いますが、高速走行は慣らし運転時に少し走っただけなので、この辺はまだ実感湧いていません。

少なくともSF(カウルなし)→SB(カウルあり)にして体にぶち当たる風圧は減りました。
エンジン回転数も、大体100km巡行するとCB400で約6000rpm強だったのが、CB1300では3000rpm前後と約半分。

右手もそんなに回さなくていいし、これが何時間も続くと確かに疲れ難くなりそうです。
長距離ツーリングや帰省なんかで何時間何百キロと走ったら、疲労度の軽減が実感できるんでしょうね。

ブレーキのフィーリングが良い(気がする?)

f:id:shigetama0413:20190524233356j:plain

サス同様、私の技量ではブレーキの性能を引き出せていないとは思いますが。

フロントブレーキだけの停止でも、コントロールしやすく感じました。

CB1300にしてからは路面状況によっては右側しか足が届かない為、足付き直前にリアブレーキが踏めない場面が増えました。
そんな時、フロントブレーキでノーズダイブを気にしつつ微妙に調整をしながら停車しますが、CB400よりずっとコントロールしやすいです。
右手の感覚がそのままブレーキに反映されているというか何というか?

ブレーキをもっと積極的に使うような道を走れば、更に違いを感じる事ができるんでしょうね。

なおbremboのキャリパーはフロントのみです。
どうせだったらリアもついでに。。。と思ったり思わなかったり。
(そしたら買えない値段になってそう)

音がデカい!

f:id:shigetama0413:20190524233357j:plain

CB1300は2018年型よりサイレンサーが小さくスリムになり、音抜けも良くなりました。

おかげで馬力も101ps→110psにUPし、走っている分には気持ち良い音を奏でてくれるのですが、深夜早朝はご近所さんに相当気を使います…

止まると重い!

当たり前ですが、重いです。

CB400から70Kgの重量アップ。

以前は腕力だけで押し引きできていたのですが、CB1300だと「バイクの乗り方」的な本によく書いてある、

「バイクを押し歩きする時はハンドルを手で支えるのではなくシートに腰を押し付けて腰でバイクを支えながら云々~」

てな事をやらないと辛いです。

しかも足が短いのでシートに腰を押し当てて歩くと、右のスネとふくらはぎにステップがペコンペコン当たりまくって歩きにくい!

それでも、CB400に乗り始めた頃は「重っ!」と感じていたのがいつの間にか気にならなくなったし、そのうち慣れるかな。

シート下のアクセサリーソケットが微妙?

シート下には12Vのアクセサリソケット(シガーソケット)が標準装備されています。

ですが、シート下という場所がイマイチ使い勝手悪そうだなぁと感じております。
CB400ではハンドル周りにUSB電源を増設してスマホナビに給電していたので。

このバイクを買おうと決めた時は、アクセサリーソケットにUSB変換アダプタかまして、長いUSBケーブルをハンドルまで引き回そうかと考えておりました。

しかしシート下から目立たないように車体内部を通してハンドルまで引き出すのは面倒だし、単純にシートに挟んで外側にケーブルを出しても車体側面でブラブラするのがどうにも。。。

そもそも端子むき出しのケーブル先端をハンドル周りに括り付けたら、雨降った時ショートするんじゃないかと不安です。
(それならCB400の時みたいにハンドルにUSB電源増設する方が良さそう)

とりあえず今のところは、アクセサリーソケットはモバイルバッテリーやカメラをシート下で充電する時なんかには使えそうかなと考えております。


まだ走行距離1500kmですが、ここまでの第一印象ははこんな感じ。

なんとか慣らし運転は1ヵ月ちょっとで終わらせましたが、その後は2ヵ月で500kmしか走れてません。。。

もうすぐ梅雨入りなので、その前に走れるだけ走りたいですね。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。